FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

ロマンティックあげるよ

何もしてないのに一週間経った。
そんなこともあるだろうと、まぁ良しとした。

先週の金曜はシティーハンターの映画が公開初日で
お友達と午前の一番早いのを見に行ったので
10時に札幌駅集合という
小学生みたいな気分を味わいつつ
映画を観て、スタバでお茶をした。
土曜日はレイトショーで幼女戦記を観て、
その前に雪まつりを少しみた。
寒すぎてつらい。

201902151205233a2.jpg

ミクさんと馬。
正直ここ数年のアニメの雪像の方が
力入れてたんじゃないか?と思うけど
光を当てて音楽を流すのが目的な雪像は
昔とは楽しみ方が変わったのだと思う。

20190215120534772.jpg

あと数年もやれば
プロジェクションマッピングもマンネリ化して
いかに外国人を楽しませるかを議題に
運営は頭を悩ませるに違いない。

それでもそこそこの集客力のある雪まつりは
いかに雪像がしょぼくなろうが
会場が狭くなろうが
雪が少なくとも少ない雪をかき集め
今しばらく続くのだと思う。
その時代の流れを道民として
なんとなく見守っている。
今年の雪像はしょぼいとか寒いとか
ああだこうだ言いながら時が流れている。

東京オリンピックが決まったときには
2020年なんてまたまだ先だと思っていたのに
気付けば来年じゃない?と迫っていて
それまで生きていないかもしれないと思ったのに
何事もなく生きているし、何も変わらない。

バレンタインも終わってしまった。
めがねのもらってきたチョコと
めがねが出張で買ってきたプリンを
バクバクと食べたら、やっぱり
私の体は常に甘いものだけあれば動くと実感する。

来年もきっと同じように
チョコレートを求める人々に紛れて
パンフレットを片手に試食で
口の中が甘くて堪らなくなりながら
大荷物のチョコレートを抱えると思う。
去年も同じ状態だったよねぇと
友達とお茶をすると思う。
そうだといいと思う。

20190215120614e37.jpg

ロマンティックなキャビー。

20190215120605649.jpg

スリスリに満足すると
チラシをシュレッダーするために旅立つ。
シュレッダーされた紙はすごい量になって
これが仕事だったらなかなかの給料がもらえそう。
そしてつぶつぶの餌を拾って持ってきて
ドヤ顔で食べる。吐きもどすために。
それはキャビーのロマンティック。

スポンサーサイト

↓↓皆さんのブログはこちらから↓↓

多種飼いバナ  シータバナ

↑↑★☆★↑↑

ないものねだり

朝めがねが燃えるゴミを出していたので
今日は火曜日だなぁと分かるレベルの曜日感覚です。
年末からLINEの調子が悪くて
メッセージが出ないし、通知もでないので
未読スルーの人付き合い悪い奴になってます。
それもそれで、しょうがないと思って
気のままに過ごしています。

構わなくても寄ってきては
私の周りをうろうろしているキャビー。

2019012214241769e.jpg

皆がお昼寝していても
元気いっぱいエンジン全開。
うとうとしているところも見ないけど
エネルギーありすぎると思う。

201901221424251f2.jpg

人間に飽きると
お外ごはん食べたり
その辺のメモ帳をシュレッダーしたり
オエオエと吐き戻しの練習したり
とにかく動き回っている。

20190122142433122.jpg

キャビーもいつかは落ち着いた
コザックラになるんだろうか。
飼い主と一緒にまったりとしたり
大人しく肩に止まって羽繕いをする日が
来るのか来ないのか。

今はまだ、もう少し落ち着けと思う。

↓↓皆さんのブログはこちらから↓↓

多種飼いバナ  シータバナ

↑↑★☆★↑↑

オレンジおでこの材料

聞いたこともない料理を
艶々としたほっぺの白人のおばさんが何時間も作っている。
クリスマスに放送したものなのか
さっきは大量のシュトレンを作っていた。
どんな大きなオーブンでどうやって焼くのか?と
疑問に思っていたけれど
こねて形を作ったら、もう焼けていた。

よくわからないフルーツを生地より多く
これでもかと入れていたのを見たら
世界のどこかには、ゴムゴムの実も存在していて
人知れずゴム人間になった人が
ワンピースを求めて海の上で戦ってるかもしれなくて
細かく刻まれたゴムゴムの実が
シュトレンの一部になってるんじゃないかと思う。

聞いたこともない料理は
聞いたこともない材料で出来ている。

こういう番組は母国では参考になるのか
日本の少なくとも北海道では
材料を手に入れるのが難しそうで
とにかく焼くのと発酵させるのが好きなので
大きなオーブンと長い時間が必要で
見れば見るほど、誰がどういう目線で見てるんだろうと思う。

艶々ほっぺのおばさんが
お腹が空いたわ!とか、なんて美味しそう!
とか吹き替えられた日本語で言うけれど
少し聞こえてくる英語はもっと淡々としてる気がする。

昔の映像のナレーションは
全部カタカナを読んでいるような棒読みに
不自然な感情が込められているように聞こえるけれど
海外の吹き替えというのも、そういうものなのだと思う。
リアリティーよりも外国人という事が重視されていて
日本語では絶対に口にしない、大袈裟な、なんてこった!とか
落ち着いた口調の、とっても順調よ、とか言っている。

昔からずっと変わらないその吹き替えを
私はリスペクトしている。
見た目がおばさんだと、本物の声は高くて若く聞こえるのに
ちょうどいいおばさんの吹き替えにされるのも
男性が本当にそう言ってるのか怪しいユーモアも
日本語では言わない日本語にされて届き続ける。

きっと物事は全てが少しずつ変わっている。
私は自分を秘伝のタレのように思っている。
少しずつ毎日継ぎ足されて消費される。
私自身も、この家の鳥様も、街も世界も
秘伝のタレのように継ぎ足されて、変わっていくのに
継ぎ足された瞬間に秘伝になる。
変わらないものになる。

継ぎ足される秘伝のタレの最初が、
どのくらいで無くなるかという実験を
何度かテレビで見たことがある。
思ったよりも早く、初めは無くなり、入れ替わっていた。
それでも秘伝のタレはいつまでも継ぎ足されていく。
変わらないものとして存在していく。

私はその執念のような変わらないものが好きで
偽物の外国人の声をずっと聞いている。
なんの参考にもならない、
ゴムゴムの実が入っているかもしれない
『一週間はもつパン』の映像を見ている。

テレビ番組はヤラセだと叩かれるけれど
外国人のやっている料理番組を見たら
どこが本当に翻訳されているのか、と思う。
材料も台詞もこの外国人が料理人なのかも怪しい。
それでも堂々と何時間も放送されている、 
変わらなさ、が好きだ。


キャビーは今日もキャビーだ。

2019010719541999e.jpg

好きだ!と言う情熱的な愛は
スリスリしながら吐き戻しをして
グエエとか分かりやすい声で吐き戻したシードを
もう一度自分で食べる。

20190107195428358.jpg

犬っころみたいな臭いにも慣れて
臭いなーと思う程度になった。

それでもキャビーのおでこは明日もオレンジだし
きっと明日もご機嫌だと思う。
それは私の希望でもある。
素敵な明日を想像する光。

↓↓皆さんのブログはこちらから↓↓

多種飼いバナ  シータバナ

↑↑★☆★↑↑

土曜日のやる気スイッチ

今日は土曜日。
私はゆとり前の人間なので、土曜日は半休だった。

部活やってた頃をもう覚えてないけど
多分一旦帰宅して、ごはんを食べてまた学校に行ったのか
軽食を持っていって昼休みに食べてから
部活に臨んでいたのか、暑い日のテニスコート横で
日焼け止めを塗りたくる先輩たちの姿を思い出す。

テニスは楽しかったけれど、
チームメイトとは上手くいかなかった。
後輩にキツイ女の子達をよく思わなかったし
先輩に気に入られてる私を周りも冷たく見てたと思う。

可愛いスコートや、いいラケットを
ただステータスだと思っているような、
なんとなくテニスって楽しそうっていう
フワフワした雰囲気も、私とは違った。

私は試合で勝ちたかった。
上手くなりたいと思ってた。
たから折り合えなかった。

ただ土曜日も日曜日も
部活に行ったけど、
なんか違うという思いは大きくなって
先輩と共に一年早くテニスを辞めた。

あまりいい思い出がないのか
その頃の土曜日を思い出せない。

でも、それ以前の土曜日は
半休で帰るとお昼ご飯にパン屋でパンを買ったり
焼きそばとか簡単なものが作られていた。
勉強しているはずの午後を
テレビを見たり、たまに友だちと遊んだり、
絵を描いたりして、自由に使えた。
そこから日曜日が始まっているような
得をした気分になった。

今は毎日日曜日みたいなものだし
今日に至ってはめがねが休日出勤で居ないので、
いつもと変わらない。外にも出ないし
同じように放鳥をするだけだし、
一緒にパンを買いに行く人もいない。
お昼ご飯も、ない。

随分昔に、世の中は半休どころか
土曜日は全休になっている。

それなのに土曜日のお昼は
いつもより、やる気スイッチが入る。
一週間のリセットボタンを押したように
体が軽くなって明日は休みだと心踊る。

もしかして、ゆとりだと決められて
土曜日は完全に休みで育っていたら
こんな気持ちになったかな?と思う。

夏休みの初日のように自由で
何をして過ごそうかワクワクと考える事ができるのは
わたしがゆとり教育じゃなかったからかもしれない。


いつもより私の心が広くて
穏やかに優しい気持ちだとしても
キャビーの吐き戻しとスリスリに
延々付き合うのは耐え難いものがある。

キャビー今日も可愛いねぇ
イイコイイコと、いくら構っても
キャビーはスリスリオエオエを止めない。
すごいパワーを持っている。

20181208160138c3b.jpg

ふと、キャビーってどういう意味なんだろうと
思ってググってみた。
『タクシーの運転手』だった。

まず出てきたのは治療法みたいな
動脈硬化を治すどうのこうのってやつだけれど
キャビーだけでは通じない。
キャビーという音だけだと、タクシーの運転手になるらしい。

他にも口語で例文がでてきたけれど、
サッパリ、とか、とても速く飛ぶ、に近いようなもので
表現しがたい。名詞ではないし。

なんとなく、音の響きだけで
名前をつけられたのかもしれないけれど
私は横文字がとても苦手なので
外国語が得意な人には
意味のある、キャビーなのかもしれない。

201812081601475bd.jpg

多分、というか、絶対
タクシーの運転手ではないだろうな。

↓↓皆さんのブログはこちらから↓↓

多種飼いバナ  シータバナ

↑↑★☆★↑↑

犬インコ

今日はこれからシチューを作ります。
シチューが美味しい季節になってきました。
もちろんシチューはごはんにかける派ですが
世間では、えぇシチューごはんにかけちゃうの?と
冷たい反応をされる方も多く残念です。

私のオススメは
ホワイトシチューをかけたあと
とろけるチーズを乗せてドリアのように
食べる食べ方ですが。美味しいですけどね。
ごはんがなくてもチーズかけちゃいますね、
とろけるチーズもなかったら粉チーズ。
チーズが美味しいのかもしれませんね。


ニギニギが嫌なキャビーですが
狭いところはそれなりに好きで
エコバッグに潜っていたりします。

20181116165859793.jpg

買い物についていく気なのかしら。
ひとりで遊んでくれるのならいいけれど
トトちゃんとエコバッグで
縄張り争いしてるので面倒くさいです。

20181116165907c8f.jpg

ベッタリインコ。
ベッタリインコってもう犬だよね。
コザックラってインコが良い匂いっていう
鉄則をぶち破って臭いし。

201811161659176d7.jpg

これだけ沢山鳥がいたら
一羽くらい犬みたいなインコがいても
まぁいいかと思えるけど
全部がキャビーだったら大変だろうなとも思います。

↓↓皆さんのブログはこちらから↓↓

多種飼いバナ  シータバナ

↑↑★☆★↑↑

思い出
複眼画像RSS Powered by 複眼RSS
プロフィール

キノママ

Author:キノママ
たった1羽のオカメから始まりましたインコ生活。。
気づけば、
オカメ:5羽
サザ:3羽
マメ:7羽
ワカケ:1羽
クロクモ:1羽
文鳥:3羽
大所帯の母になりました。
北海道からのんびり更新します。

★MEMBAR
【オカメインコ】
《キノ》
2007/5/15生まれ


《クイ》
2009/2/20生まれ


《ペッタン》
2009/1/15生まれ


《ポイポイ》
2010/3/15生まれ


《うに》
2013/11/15生まれ



【サザナミインコ】
《ティーナ》
2008/3/15生まれ


《陸》
2009/5/15生まれ


《サン》
2009/10/15生まれ



【マメルリハ】
《ソル》「シータ×パズー」
2010/1/24生まれ


《アイオン》「シータ×パズー」
2010/1/29生まれ


《テルス》「シータ×パズー」
2010/1/29生まれ


《プシュケ》「シータ×パズー」
2010/1/31生まれ


《みどり》
2012/8/15生まれ


《ぴぴ》
2012/5/15生まれ


《すず》
2015/5/15生まれ



【ワカケホンセイインコ】
《まつり》
2013/2/15生まれ



【クロクモインコ】
《ルコ》
2009/1/15生まれ



【文鳥】
《リン》
2015/10/1生まれ


《雪風》
2015/11/30生まれ



【セキセイインコ】
《トト》
2017/6/15生まれ



【おまけ】 《メガネ》



最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブログでギャラリー(シンプル)
ブログパーツ制作
★キノママの部屋★
☆ランキング参加中です☆
多種飼いバナ
シータバナ

★ありがとうございます★
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR