FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

ブラックチーク死ぬほど可愛い件

雨は夜更け過ぎに雪へと変わるらしい。
雪が積もらない降らないと
言われているけど暖かい訳ではなく
冷たい雨が降ったり止んだりして
いっそ雪降ってくれと思ってる。

水道から出てくる水も氷で
冷やされたかのような冷たさで
小松菜洗うのもちびちび、
3つ分洗っては鳥かごにつけて
少し時間を稼いでまた3つ分、
という感じでのろのろしている。

そのあとに挿し餌を作ると
熱いのか冷めてるのか具合が
いまいち分からず
小指でかき混ぜたりして
なんとなくで、まだ挿し餌を作ってる。

時雨様は、ひとくちしか挿し餌を食べないけれど
夕方親キンカが寝た後は
それごはんだよね!と嬉しそうに寄ってくる。
そんなに嬉しいなら
もっと食べればいいのにと思うけれど
挿し餌を食べたという気分が大事らしく
汚れた嘴はキレイに拭いて、
手のひらに収まって寝る。

止まり木はあまり居心地よくないのか
寝るときは地面でペタっとなっているし、
夜は巣皿を見ると、
これだよ!これ!といそいそ座って
寝るアピールをしてくる。

足が細くて体が重いのか
足が長すぎてもて余しているのか
うちの止まり木が気に入らないのか
親キンカも寝るときは
餌箱に座って、ぎゅうぎゅうと寝ている。

手のひらは丁度良く
ぺたっとなれていいらしく
夕方みんなが眠りだしたら
時雨様を左手に入れておく時間があり
私もとても幸せに思う。
初めてのキンカコなのに
私は結構燃焼して、
時雨様が死んだら私も死んでいいかと思う。
時雨様は尊い。

時雨様を眠らせるコツは
親指を少し曲げて、
時雨様の顎を乗せてあげる事です。
あとはほっぺをたまに親指で撫でておけば
二時間くらいは手の中でねてしまう。


20181119170757596.jpg


ブラックチークはあんまり可愛くないと
そう思っていたけれと
時雨様を見ているとブラックチーク、
死ぬほど可愛く思えてきて
結局色なんて何色でもいいんだなと思う。

幸せ。
スポンサーサイト

↓↓皆さんのブログはこちらから↓↓

多種飼いバナ  シータバナ

↑↑★☆★↑↑

お腹に赤ちゃんがいるの(真顔

一雨ごとに寒くなると言うけれど
本当に気付けば秋も終わるんだなぁと思います。
毎日雨でどんどん寒くなってきて。
天気予報でも雪マークが見えたりして。

雪虫を認めたくないので幻覚だと
ずっと見ないフリしていたけれど
そろそろ本物の、冷たい雪が降るんだろう。

私がいくら、明日春が来たら、と熱唱していても
春は来ないから君には会いに行けない。
長い長い、冬が始まる。

毎年冬眠すると言う私も
そろそろ本気で眠くなってきまして
朝が暗いからか、
夜に黒板ボードにドラえもん描いてたからか
寝坊ぎみで、昼間も眠くて、
目覚めてきたら夕方、という日々です。
昼の再放送の進撃の巨人も見逃してしまったので
ドラえもんの横に、駆逐してやる、と添えました。


キンカコは1ヶ月が経過したけれど
まだ嘴も黒いです。

夜にこうして撫でたり
お布団掛けてみたりして。

20181025185919b26.jpg

無事に育ってくれるように
ただそれだけ。

↓↓皆さんのブログはこちらから↓↓

多種飼いバナ  シータバナ

↑↑★☆★↑↑

しぐれとなつめ

手荒れがひどいです。
そういえばレジでお金を数えたりしてた頃は
もっとひどくておばあちゃんの手でした。
右手の親指でお札を数えるのに
素手でやってたので常に5ミリくらい割れてて
痛かったけど手の甲も手のひらも
細かく裂けていて全体が痛かったと思います。

親や友達がよくハンドクリームをくれたけれど
トイレに行く度に洗い流されていたし
夜に保湿するという女子力もなかったので
秋や冬は諦めてたのでした。

夏場は水で洗い物をしていましたが
最近お湯を使うようになってガサガサです。
こういうの、いちいち気にするようになるほど
私は堕落しているなぁと思います。
手荒れしてきたから
洗い物まとめてやろうかなとか
なるべく掃除もサボっちゃおうかなとか。
仕事だったら手荒れなんて気にしてる暇もないのに。
それとも女子力とやらに目覚めてきたのかな。


キンカコは大きくなりつつありますが
まだ挿し餌で嘴もほぼ黒です。
ノーマルの方は我が家から出ていく予定なのに
なかなか一人餌にもならなくて毎日応援しています。

名前もやっと決まりました。

20181022130645818.jpg

なつめの方は女の子っぽいとか言って
名前を決めてもらったのに
今日ちょっと違う鳴き声で鳴いていて
自信がなくなりましたが、まぁ男の子でもいいと思います。

すでに挿し餌になついてるという感じで
貰い終われば親のかごに飛んでくのですが
弥一と小夜ちゃんは次のタマゴンの方を目指していて
発情抑えようと壺巣も撤去したのに
餌箱にタマゴン産んでしまいました。
とりあえず偽卵に替えようかなと思いますが…
キンカのオスはずっと発情期と聞きましたが
本当ですねぇ。困ってしまいます。
餌箱変えたりとか色々やってはみてるんですけどね。
もう少し他になんとか方法がないか模索してみます。

↓↓皆さんのブログはこちらから↓↓

多種飼いバナ  シータバナ

↑↑★☆★↑↑

キンカコ半巣上げ

キンカコを巣上げするタイミングが
少し遅れてしまって、人見知りが発動してしまいました。
それをなんとかするために
プラケースに移動して
ハァハァが収まるのを一時間待ち
挿し餌を認識するよう撫でてみたりとか
ちょっと動かしてみたりとか
挿し餌揺らして見せたりとか
そんなことを繰り返し
騙し騙し口に入れたりしました。
ヒナコはすぐいらない顔をして
嘴をピクリとも動かさなくなるので
何回もチャレンジして、飼い主はヘトヘト。
まるで病鳥を看ているかのよう。

親は親でどこいったのーと
パニックでバタバタしてたので
途中餌をあげてもらうのに戻して
小夜ちゃんにもいるから大丈夫と
教えたりして、納得してもらいました。

まだ納得したかは分からないけれど、
日が落ちて眠たくなったみたいで
落ち着いてくれました。

もしかして、明日もこんな感じ?
と思うと心身共に疲れて休まりません。
キンカだけならどうにでもなるけど
他の鳥様も放鳥してるので
ずっと鳥様を見ています。

巣にぴったりくっついてるのを
剥がすのが躊躇われて
少しだけ巣を取り出したりもしたけれど
落ち着くみたいなので
戻して様子を見ています。

2018100917394625f.jpg

明日はもう少し巣から出して
ペレットを食べる練習をしてもらおうと思います。

ただ無事に育つよう
私は今は身を削る。いくらでも起きて
いくらでも生きてることを確かめる。

↓↓皆さんのブログはこちらから↓↓

多種飼いバナ  シータバナ

↑↑★☆★↑↑

小夜ちゃんと話す

一昨日雛の大きい方2羽が亡くなりました。
1羽亡くなっている状態で2羽目も弱っていて
取り出すとすぐ亡くなってしまいました。

これは残念だとか悲しいだとかの前に
お母さんの小夜ちゃんと今後どうするか
話し合う必要がありました。

残った雛が育つかわからない状態で
鳥は数が分かるので減ってしまうと
探し回るし、一気に取り上げて
私が育てた方が親鳥も諦めがつく、
という事もあるかもしれません。

でもその結論に至るには
私はまだ経験がないので、
2羽が居なくなってしまった状態のまま
小夜ちゃんに説明して、
まだ頑張るか、聞かなくてはなりませんでした。

壺巣を一度取り出した事もあり
小夜ちゃんは一昨日は昼から夜まで
開口呼吸で、わたわたと飛び回り続けたので
亡骸を見せ、下に置き、
ごめんね、亡くなってしまったの、と教えて
理解する時間を少し作りました。

色んな角度から、じっと見つめたあと
そんなの、信じられないと
小夜ちゃんは悲しんでいました。

一昨日の私は体力の限界で
正直これ以上、頑張れないと感じました。
そんな自分の体調もあり、
そして弥一がまだ頑張ると言ったので
あともお任せすることにしました。

半日開口呼吸で落ち着かなかった小夜ちゃんも
なんとか壺巣で眠り
昨日はまだ少し落ち着いてきて
ごはんをあげる弥一につられて
後からごはんをあげていました。

そして昨日を乗り越えて
今日も変わらない弥一になんとか
つられてごはんを食べて水浴びをして
やっぱりいつもよりは鳴くけれど
開口呼吸もなく過ごせています。

とても大切にしていた、
初めての自分の子だもの、
居なくなれば探すし、
死んだと理解しても信じられない。
当たり前だと思います。

小町を亡くした弥一は、
多分すぐに前を向けたのだと思います。
残りの雛にごはんを運び
小夜ちゃんをカキカキして励ましました。
小夜ちゃんは弥一に支えられ
なんとか1日を乗りきっています。

私の選択は雛を取り上げるかどうか、
という事でしたが
全部居なくなったからって
そんなに早く諦められると思えず
弥一が頑張っていることもあり、
これから先をただ見守ることにしました。

私にとって親と雛、どちらが大切かと言われれば
大切なのは圧倒的に親の弥一と小夜ちゃんです。
なのでふたりがまだ壺巣を
気にかける限りは保温するだけして、
見守ることに決めました。
なんとも無力で、そして残酷で、孤独な気がします。

小夜ちゃんが幸せに
弥一が健康で
ふたりの意思を出来るだけ分かりたいです。


私を励ますコザックラ

20180928143855334.jpg

大丈夫、どんな結果でも。

↓↓皆さんのブログはこちらから↓↓

多種飼いバナ  シータバナ

↑↑★☆★↑↑

思い出
複眼画像RSS Powered by 複眼RSS
プロフィール

キノママ

Author:キノママ
たった1羽のオカメから始まりましたインコ生活。。
気づけば、
オカメ:5羽
サザ:3羽
マメ:7羽
ワカケ:1羽
クロクモ:1羽
文鳥:3羽
大所帯の母になりました。
北海道からのんびり更新します。

★MEMBAR
【オカメインコ】
《キノ》
2007/5/15生まれ


《クイ》
2009/2/20生まれ


《ペッタン》
2009/1/15生まれ


《ポイポイ》
2010/3/15生まれ


《うに》
2013/11/15生まれ



【サザナミインコ】
《ティーナ》
2008/3/15生まれ


《陸》
2009/5/15生まれ


《サン》
2009/10/15生まれ



【マメルリハ】
《ソル》「シータ×パズー」
2010/1/24生まれ


《アイオン》「シータ×パズー」
2010/1/29生まれ


《テルス》「シータ×パズー」
2010/1/29生まれ


《プシュケ》「シータ×パズー」
2010/1/31生まれ


《みどり》
2012/8/15生まれ


《ぴぴ》
2012/5/15生まれ


《すず》
2015/5/15生まれ



【ワカケホンセイインコ】
《まつり》
2013/2/15生まれ



【クロクモインコ】
《ルコ》
2009/1/15生まれ



【文鳥】
《リン》
2015/10/1生まれ


《雪風》
2015/11/30生まれ



【セキセイインコ】
《トト》
2017/6/15生まれ



【おまけ】 《メガネ》



最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブログでギャラリー(シンプル)
ブログパーツ制作
★キノママの部屋★
☆ランキング参加中です☆
多種飼いバナ
シータバナ

★ありがとうございます★
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR