FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

いつか私が死んだとき

耐え難い一週間ほどの暑さは
やっぱりほんの一瞬で、その後は少し暑いくらいの
日々だったけど、北海道は朝晩もう寒いと言える。
半袖で外に出たら、あの人寒くないのかなぁと
囁かれるような気温だ。

フェスも高校野球も終わって
手の痺れも良くなって今年の夏は過ぎ去った。
あとはもういつ雪が降りだすのか
怯えながら冬を待つ。

てっちゃんはものすごいビビりマメで
おかごに戻しているけれど
周りに誰かがいるだけでギャーギャーと暴れまわっている。
またプラケースの方がいいかなぁと思いつつ
少し時間が経ってしまった。

私が死んだときてっちゃんが生きていたりしたら
誰かが面倒見てくれるのか心配している。
何も残さず死にたいと思いつつ
万が一鳥がいる状態で、誰か見ず知らずの人が
引き取ってくれる事がある、少しの可能性の為に
私が死んでもこのブログだけ残っていればいいと思う。

細かな詳しい生活までは伝わらないかもしれないけれど
カットルボーンを砕くのが好きだとか
そういうのを読んでくれたら
新しい飼い主が与えてくれるかもしれないと
そんな幸せな未来を想像してみたりする。

20190823182443de9.jpg

ネット社会で良かったと思う。
今まで迷子になった犬や保護された鳥も
電柱にポスターが貼られていて
書いてあるのは自宅の固定電話の番号だった。

今はSNSで拡散されて
家にいなくてもメールや携帯電話に連絡がくる。
飼えなくなったSOSや
病気になった時にどこにどんな病院があるかまで
見ず知らずの誰かが教えてくれる。

私がいつか死んだとき
誰も居ない孤独であればいいと願う。
みんなの死を見届けてから。
そうだったらいいよね。

スポンサーサイト



↓↓皆さんのブログはこちらから↓↓

多種飼いバナ  シータバナ

↑↑★☆★↑↑

夏が終わり秋になる

金曜日台風で中止になった夏フェスも
土曜日には快晴になって1日開催で無事終わり、
北海道は秋模様。

昼間暑くないかな、夜寒くないかな
ちゃんとごはん食べて水飲んでるかな
パニックになったりしてないかなと
飼い主の心配も気にしてないように
鳥様たちは全員元気で
ちゃんと日常に戻ることができた。

今は筋肉痛の治りかけの怠さと
靴擦れと虫刺されのお土産で
非日常的なフェスを今年も楽しんだんだなと
かろうじて実感している。

暑かったからか
久しぶりの晴天で沢山動けたからか
去年より疲れて日曜日の夕方には
力尽きていて競馬場に行くこともできなかった。

また天気が悪くなりそうで
体と同じくどんよりとしてる。
土曜日いなかった埋め合わせで
鳥様たちと順番に遊んでいる。

20190820113809ed4.jpg

眠たくなってくる気圧の低さに
鳥様たちも少しおとなしい。

↓↓皆さんのブログはこちらから↓↓

多種飼いバナ  シータバナ

↑↑★☆★↑↑

今日から8月

先週脳神経外科にわざわざ行って
わざわざ行ったのに結果、腕を下にして寝たから
痺れてるんじゃないかって言われてビタミン貰ったの。
MRIとかレントゲンとか撮って、
しんどい思いして、何にもなくて、一万円払って、
結局ビタミン貰っただけなんだけど
少しは効いてる気もする。
筋肉痛みたいに痛かったのが純粋に
痺れているだけ、になってきて
そこそこ物も持てるようになって
風呂で髪の毛洗ったりとか、
トイレでパンツおろしたりとか、
片手使えないだけでこんなにも出来ない事がある
という不便さから解放されつつある。
痺れが残るかもしれないと言われたとしても
筋肉痛みたいな痛みに比べたらマシで
このくらいなら慣れてしまうと思う。

寝ている時に腕を下にすると
こんな大変な目にあうよ、ということを
是非覚えていてほしいと思う。

ピピちゃんがおととい辺りから
元気がなくて、少し困っている。
お薬飲ませていて元気になっていたのが
どうにもごはんを食べないので
体重も28グラムまで落ちてしまった。

すでにお薬は月末まで貰っていて
今すぐ病院に駆け込む程
ぐったりしているかと云われたらそうでもなくて。
昨日からプラケースに入れているけど
隙有らば逃げ出して、追いかけっこするくらいには
飛ぶ力も残っている。
ただごはんをあまり食べなくしょんぼりしている。

仕方なくとりあえずの挿し餌で
エグザクトを与えて31グラム、というところ。
みんなが暑い死ぬとなっている中、
ピピちゃんは嘴をしまっていたりして。
もともと、薬で生き長らえているようなものなので
多分病院でしてくれるのは強制給餌くらいで
今のピピちゃん的には
飛ぶ元気はまだあるので少し様子をみている。

相変わらず諦めがつかない。
諦めるしかなくても、もう1日もう1日と欲が出る。
ただ生きていてほしいと思うのは 
最大のワガママであると分かっていても。

20190801145518a4b.jpg

食べてくれりゃあいいと豪華なごはんにしてみたけど
どうにも気分が乗らないらしい。
なで回してプラケースに返したけど
少し元気が戻ってきたら放鳥してあげようと思う。

ダメそうであれば一度病院に行くかもしれない。

↓↓皆さんのブログはこちらから↓↓

多種飼いバナ  シータバナ

↑↑★☆★↑↑

終わりました

金曜日というか土曜日の夜中、みどちゃんが亡くなりました。
面会予定だった昨日の昼11時に
お迎えに行きました。

頑張って頑張って最期まで頑張ってくれて
もういいよって思ったはずなのに
苦しくて悲しくて辛い。

別れはいつだって唐突に理不尽で
病院でありとあらゆる処置をしたけれど
カビに負けてしまいました。

見ているのが辛かった。
家にいていつ死んじゃうかと見ているより
処置がすぐできて保温もしてくれるし
酸素もある病院でいいとそう思ったし、
後悔してるわけじゃない。

ただ
みどちゃんがもう頭に飛んで来ないんだと
それが悲しくて辛い。

辛い思いをしてきた1ヶ月
楽になれたとほっとしているはずなのに
強欲な私がもう一度遊びたかったと
もっとそばにいたかったと
そんな事ばかり思う。

もっと触りたかった
もっと匂いかいでたかった

愛していた
頑張りすぎるみどちゃんが辛くて
早く楽になって、と思っていたけど

私はもっと病院に通っていたかった
声をかけて目に焼き付けて
可愛い可愛いと繰り返したかった

骨になったみどちゃんは
小さくてこんなに小さな体で
頑張っていたのが辛かった

もっともっとと思うとだめで
最後に預けた日、最期かもと覚悟した日
帰ってきて声を出して泣いた

ちがう
ちがう
ちがう

こんな命の重さを
愛しているを
楽になってという思いを
誰かに伝えたい訳じゃないんだ

可愛いんだって
自慢したいんだ
いいこなんだよって
笑っていたいんだ

それだけを言葉にしたいのに
言葉すら無く
泣いた

辛いから苦しいから
愛しているから生きて欲しいから
でも無理だと知っているから
楽になって欲しいから
でも届かないから
遅かったから
何も出来ないから
出来ることがない不甲斐なさが

辛すぎて呼吸を忘れそうになる
知っている 

糧にしなければならないと
前を向こうと
いつまで落ち込んだって
みどちゃんはもう骨だけなのだから

がんばれる

何度もそうやってきた
助けられなくてごめんよ
入院ばかりでごめん

辛くて痛くて
そうした私を連れていってもいいよ

20190616233718481.jpg

生きたかったよね
もっと沢山遊びたかったよね

201906162337308b4.jpg

これから、だったよね

20190616233658c49.jpg

でも未来がなくなってごめん
こんな結果でごめん

愛しているんだ
愛していて、勝手に長生きさせたかったんだ

うちに来てくれて生まれてきてくれて
鳴いてくれて飛んできてくれて
幸せな時間をありがとう

ありがとう
沢山沢山ありがとう

頑張って辛かったのに
生きようとしてくれてありがとう
諦めないでくれてありがとう

愛していたんだよ?
ねぇ、知ってた?
私はやっぱりあんまり気づいてなかった
こんなに大好きだったこと。

最期、手にのってくれて
重たい頭持ち上げながら
イイコイイコして匂いを吸い込んで
私は嬉しかった

家族になってくれて嬉しかった
サヨナラだけど、
きっと忘れないよ

↓↓皆さんのブログはこちらから↓↓

多種飼いバナ  シータバナ

↑↑★☆★↑↑

初めからわかっていたんだ

お昼に小鳥のクリニックに電話して
先生との間にみどちゃんを置いて話をした。
みどちゃんは目が腫れて
ギリギリ片目だけ開くかんじで
鼻は黒くなっていて
腎臓が悪いせいなのか
ものすごく水を飲んでお腹が
パンパンだった。
動きは頭が重く見えていないのか
ガクンガクンと嘴を下につけて
それでも、生きていた。

選択肢は2つ。
投薬だけにして連れて帰り死を待つか
顔の膿かわからないけれど
一ミリ二ミリ穴を開けて出して見るか
もちろん命の保証はない。

先生が処置によって命を落とすかもしれません 
と、2回言った。

涙がこぼれたので両手で顔を覆って考えた。
先生に、みどちゃんには色んな事をしてもらった。

きっと鼻先に穴を開けて吸い出すなり
かき出したりするには相当リスクもあるし
腎臓の問題もあるから鎮痛剤は使えないとも
言われた。

先生が水で濡らしてしまうキッチンペーパーを
換えてくれている間みどちゃんの頼りない
濡れた身体を抱き締めてみどちゃんの匂いを吸った。
あぁ可愛いねいい匂い、と言ったら
また泣いてしまった。

私は穴を開けて膿かわからないけれど
処置をしてもらえるようにお願いをした。
それで効果なく、でもまだ命が繋がっていたら
金曜日にお迎えに行ってそのあとは
抱っこしていてあげる事にした。

今、みどちゃんは生きてるだろうか。
処置によって落ち込んで亡くなったかもしれない。

なんて、なんて、みどちゃんは
こんなに可愛かったんだ。
愛しかったんだ。
毎日幸せをくれていたのに
そんなみどちゃんをもう1ヶ月も苦しませている。

私はもう、やれる処置を全部やって、
やりきって、終りにしようと
だからみどちゃんに
痛いかもしれないけれど
もう少しだけ頑張ってみて、と伝えて
入院のまま置いてきた。
空のプラケースがすごく重くて重くて
地下鉄の中でも勝手に涙が出てきた。

すこしでも顔の腫れがひいてくれて
すこしでもごはんを食べられるようになれば
ずっと抱っこしていてあげるから
最後まで飼い主のワガママにつき合わせてごめん。
あともう少しだけだから。
本当に痛くて嫌だって思ったらね、
もういいの。
諦めて、いいんだよ。

もし明後日の朝に生きていたら
腎臓に負担がかかっても、
鎮痛剤を貰おうよ、
腎臓に負担がかかっても、
大好きな麻の実でも沢山食べようよ。

それで、いいんだよ。
私はもう沢山幸せをもらったんだから
最後の最後の最後くらい
好きなもの食べたいものを食べよう。

私の判断は正しい正しくないなんて
知らないよ。
でも満足してるんだ。
こんなに長く頑張ってくれたみどちゃんが
死ぬならなんでもしてあげる。

何度も繰り返す別れのうち 
後悔しない方を選ぶ。
みどちゃんが頑張ってくれたからこそ
最後のお願いをした。
目の腫れが引くかもしれないなら
命の危険があっても
やってみてくださいと。

みどちゃんと一緒にいた
ここ五年、私は嬉しかったから。
最後は少しも綺麗な顔にしてあげたい。
私はワガママで困るよね。

てっちゃんは
嘴の怪我でプラケース生活だけど元気だよ。

2019061221324520f.jpg

ピピちゃんもソルと仲良くしてる。
みどちゃんは心配しなくて大丈夫。
頑張らなくても、大丈夫なんだよ。

もうダメかもって想ってから
1ヶ月も強く生きてくれて
本当にありがとう。
強さをみせてくれてありがとう。

必ずもう一度抱っこするから。

↓↓皆さんのブログはこちらから↓↓

多種飼いバナ  シータバナ

↑↑★☆★↑↑

思い出
複眼画像RSS Powered by 複眼RSS
プロフィール

キノママ

Author:キノママ
たった1羽のオカメから始まりましたインコ生活。。
気づけば、
オカメ:5羽
サザ:3羽
マメ:7羽
ワカケ:1羽
クロクモ:1羽
文鳥:3羽
大所帯の母になりました。
北海道からのんびり更新します。

★MEMBAR
【オカメインコ】
《キノ》
2007/5/15生まれ


《クイ》
2009/2/20生まれ


《ペッタン》
2009/1/15生まれ


《ポイポイ》
2010/3/15生まれ


《うに》
2013/11/15生まれ



【サザナミインコ】
《ティーナ》
2008/3/15生まれ


《陸》
2009/5/15生まれ


《サン》
2009/10/15生まれ



【マメルリハ】
《ソル》「シータ×パズー」
2010/1/24生まれ


《アイオン》「シータ×パズー」
2010/1/29生まれ


《テルス》「シータ×パズー」
2010/1/29生まれ


《プシュケ》「シータ×パズー」
2010/1/31生まれ


《みどり》
2012/8/15生まれ


《ぴぴ》
2012/5/15生まれ


《すず》
2015/5/15生まれ



【ワカケホンセイインコ】
《まつり》
2013/2/15生まれ



【クロクモインコ】
《ルコ》
2009/1/15生まれ



【文鳥】
《リン》
2015/10/1生まれ


《雪風》
2015/11/30生まれ



【セキセイインコ】
《トト》
2017/6/15生まれ



【おまけ】 《メガネ》



最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブログでギャラリー(シンプル)
ブログパーツ制作
★キノママの部屋★
☆ランキング参加中です☆
多種飼いバナ
シータバナ

★ありがとうございます★
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR